本文へスキップ

房州びわと山の幸 福原農園は贈答用の房州びわを無農薬栽培している千葉県南房総市富浦町の房州びわ専業農家です。

福原農園びわご注文 キャンセル待ちエントリーについて


2024年のキャンセル待ちエントリーの受付は終了しました。
今年もたくさんのお客さまにエントリーしていただき、ありがとうございました。


キャンセル待ちエントリーは、福原農園独自の注文方法ですので、このページの内容をよく読まれた上でご活用ください。

2023年は183件のキャンセル待ちの発送を承り、その一部につきまして、びわの発送を行いました。
2023年にお受けしたキャンセル待ちエントリーの発送実績は次の通りです。

房州びわ(4Lサイズ、12個入り)
 (申し込み数60箱/発送数0/発送率0%)
房州びわ(3Lサイズ、12個入り)
 (申し込み数67箱/発送数31箱/発送率46%)
房州びわ(2Lサイズ、12個入り)
 (申し込み数74箱/発送数53箱/発送率72%)
房州びわ(Lサイズ、15個入り)
 (申し込み数57箱/発送数9箱/発送率16%)
房州びわ(Mサイズ、15個入り)
 (申し込み数42箱/発送数5箱/発送率12%)


《キャンセル待ちエントリーとは》

例年、びわの生育状況を見ながら収穫量を予想し、それを元にして予約注文の受付を開始してきました。

しかし近年は、大粒のびわに人気が集まっており、受付開始直後に締め切らざるを得ない状況が続いてきました。
締め切り時期がどんどん早まっていることにより、「毎年、福原農園のびわを購入しているのに、今年は注文できなかった」というお客様が増えてしまっています。

そこで、2022年より、
前年までのご注文履歴があるお客様を対象として「キャンセル待ちエントリー」という形をスタートさせました。キャンセル待ちですので、びわの発送が必ず確約されるものではありません。以下の説明をよく読み、ご納得いただいた上でご利用ください。

びわの収穫が始まりましたら、事前にお受けしていた予約注文分のびわを発送していきます。予約注文分の発送が終わった後も、まだびわの在庫があった場合のみ、キャンセル待ちエントリーされているお客様の携帯電話にご連絡を差し上げ、
発送意志の確認をさせていただきます。確認がとれた場合、準備が出来次第、びわを発送していきます。福原農園のびわの在庫が十分になかった場合は連絡はいたしません。発送もできません。

このキャンセル待ちエントリーは、あくまで、
ご注文に間に合わなかったお客様の救済措置としてのシステムです。発送が確約されるものではありません。2022年の発送率は72%、2023年の発送率は33%でした。キャンセル待ちエントリーを利用されるお客様は年々増えていますので、発送されない可能性が高い事をご理解の上、「びわが発送できたら、ラッキーだ」くらいのお気持ちでご利用ください。



キャンセル待ちの発送が可能になるのは、本注文の発送が完了してからです。よって、本注文とキャンセル待ちは発送時期が異なるため、全く別々の事務処理をしており、2つを連動(差し替え)することはできません。
例えば、本注文で2Lサイズを注文、同じ住所で4Lのキャンセル待ちにエントリーし、4Lがあったら2Lから4Lに変更するというようなことはできません。そのようなご注文は、キャンセル待ちの趣旨とは違いますので、お控えくださいますようお願いいたします(4Lが出て、同じ住所に新たに追加で4Lを発送するのは構いません)





房州びわ キャンセル待ちエントリーフォーム

現在、上のエントリーフォームは使用できません。


※キャンセル待ちエントリーでは、発送可能になった場合のご注文内容(送り先、びわの箱数等)を記入していただきます。送り先等の情報をご用意の上、フォームの入力に進んでください。



【キャンセル待ちエントリーで発送されるためのポイント】
福原農園でキャンセル待ちエントリーを始めて2年が経ちました。その結果を踏まえて、発送されるためのコツ(?)のようなものをお伝えいたします。

1.「露地びわ、ハウスびわのどちらでも良い」を選ぶ。
 ハウスびわ収穫末期と露地びわ収穫末期の2回、発送の機会が得られます。

2.発送希望のサイズを1つに(できれば2L、もしくは3L)絞る。
 収穫末期、大抵はある特定のサイズのみで在庫が出る形になります。「2L1箱、M1箱」のような複数のサイズの組み合わせ注文では、2Lに在庫が出ていても、同時にMでも在庫が出ないと発送可能な状況になりません。「2L2箱」のようにサイズが揃っている方が有利になります。
過去の発送状況を見ると、2Lの発送率が一番高いです。4Lの発送率の実績は0%ですので、2024年以降も4Lのキャンセル待ちが発送できない可能性は高いです。

3.「入力したサイズに余剰が出ず、他のサイズに余剰が出た場合でも連絡が欲しいです。」を選ぶ。

 例えば、「2L1箱」でお申し込みをいただいた場合、3Lで在庫が出た場合とLで在庫が出た場合、連絡がいく可能性が得られます。

4.発送希望箱数の合計を5箱以内にする。
 例えば、「L8箱」でお申し込みいただいた場合、Lの在庫が8箱以上出ないと、連絡が行きません。「L1箱・2箱」等、少ない箱数でお申し込みいただいたお客様のほうが有利と言えます。もしくは、備考欄に「一部だけの発送になっても構わない」「1箱ずつでも良い」などお書きいただけると、チャンスが広がります。


以上のような工夫をしても、収穫量が少なく、全く発送に繋がらないこともありえますので、あらかじめご了承ください。
また、「いつになったら、発送してもらえるのか聞きたい」などのお問い合わせをいただくことがありますが、生産者でもお応えしかねるので、何卒お控えください。


HP構成内容

ナビゲーション